MENU

2016/06/05 12:38:05 |
示談と言っても様々な内容がありますが、例えば交通事故に遭ってしまった場合の加害者側との示談交渉に関しては、当事者同士で進めてしまうのはおすすめできません。正しい内容で示談の成立が行われるかがわからず、後から何らかの障害が発覚したとしても賠償金の請求ができない可能性があるためです。交通事故は大きな規模となれば当事者同士で示談を行うことはありませんが、軽度の事故の場合には面倒だからとその場で話をつけてしまう方もいます。後日に連絡をしてかかった治療費や、物が壊れている場合には修理のための費用の請求などをするといった具合です。しかし、これは非常に危険です。当事者同士で決めてしまうと請求をしてもしっかり...
2016/06/05 12:38:05 |
便利だからとついつい使いすぎてしまう方もいるクレジットカードは、気が付くとリボ払いによる支払い地獄に陥る場合もあります。リボ払いは支払いの負担を分散できるメリットはありますが、その代わりにどうしても支払い終えるまでの負担が大きくなるので、リボ払いが重ねると非常に大きな負担となってしまうのです。ショッピングだけでなくキャッシングの利用もあるとさらに負担は大きくなり、毎月の支払いだけで給料の大半が吹っ飛んでしまう方もいるほどです。こうなってくると自分のお金だけではやりくりができず、借金で借金の返済をするといった流れになりがちです。借りては返してを繰り返し、利息の支払いが嵩んでしまうだけでなく借金は...
2016/06/05 12:38:05 |
男女間のトラブルとしていつの時代にもあるのが、浮気です。浮気が原因で離婚となるケースは多く、その際には浮気をされた方がした方に対して慰謝料を請求する場合がほとんどです。慰謝料には大体の相場は決まっているものの、裁判となって請求をするとなればしっかりとした浮気の証拠が必要となります。証拠がなければ裁判で争うこともできず、慰謝料の獲得も難しくなってしまいます。弁護士のもとへも浮気に関する男女間のトラブルでの相談に訪れる方も多く、具体的な浮気の証拠を持って慰謝料をどのように請求するか、いくらぐらい獲得できるかの話を聞き、裁判などの依頼をしています。しかし、弁護士への相談をするにしても、やはり浮気の証...
2016/06/05 12:38:05 |
借金返済が苦しい場合に解決のための方法として用いられることの多い任意整理は、依頼をするにあたってのデメリットはしっかりと知っておかなければなりません。デメリットを知らずにメリットばかりを見てしまうと後悔をする可能性もあるため、注意が必要となるのです。まず知っておきたい任意整理のデメリットは、信用情報におけるネガティブ情報の記載です。任意整理を行ったとする記述がされるわけではありませんが、任意整理を進める際には一定期間の返済のストップとなるため、長期間の返済の滞納として事故情報が記録されてしまいます。弁護士に依頼をするにしても自分で進めるにしても共通する任意整理のデメリットとなりますが、信用情報...
2016/06/05 12:38:05 |
一部の法律事務所では扱ってくれない闇金融に関する借金の問題ですが、寧ろ得意とする弁護士、または司法書士であれば相談も解決の依頼も可能となります。通常の貸金業者と比べて何かと厄介な闇金融に関しては、弁護士によっても扱いたくないとする考えもあるのです。最近ではあまり聞かなくなりましたが、一昔前の闇金融が全盛だった時代には、解決のために介入した弁護士が逆に闇金融から嫌がらせを受けるといったこともよく見受けられたものです。電話が引っ切り無しにかかってきたり、頼んでもいない出前が届くなど、普段の弁護士の業務を妨害されてしまっていたのです。そういった経緯もあって弁護士や司法書士の中には闇金融問題は扱わない...