MENU

任意整理を依頼する際の基本と注意点

借金返済が苦しい場合に解決のための方法として用いられることの多い任意整理は、依頼をするにあたってのデメリットはしっかりと知っておかなければなりません。デメリットを知らずにメリットばかりを見てしまうと後悔をする可能性もあるため、注意が必要となるのです。

 

まず知っておきたい任意整理のデメリットは、信用情報におけるネガティブ情報の記載です。任意整理を行ったとする記述がされるわけではありませんが、任意整理を進める際には一定期間の返済のストップとなるため、長期間の返済の滞納として事故情報が記録されてしまいます。

 

弁護士に依頼をするにしても自分で進めるにしても共通する任意整理のデメリットとなりますが、信用情報における事故情報の記録は大きなハンデとなるのでよく知っておきましょう。

 

また、任意整理を弁護士に依頼をして進めてもらうとした場合には、別に費用がかかる点もデメリットと言えるでしょう。弁護士費用は決して安いものではありませんが、その代わりのメリットとして手続きを任せられる、手軽に進められる点があります。

 

特に交渉力が重要となる任意整理においては費用がかかるデメリットを含めても弁護士に依頼をした方が結果として良い場合が多いので、任意整理を考えているならまずは弁護士のもとで相談をし、どのようにするかを考えてみるのも良いことです。

 

その際には任意整理手続きのデメリットも改めて確認をするようにし、間違いがない依頼を進めてください。