MENU

示談の交渉に関しても弁護士に任せた方が良い

示談と言っても様々な内容がありますが、例えば交通事故に遭ってしまった場合の加害者側との示談交渉に関しては、当事者同士で進めてしまうのはおすすめできません。正しい内容で示談の成立が行われるかがわからず、後から何らかの障害が発覚したとしても賠償金の請求ができない可能性があるためです。

 

交通事故は大きな規模となれば当事者同士で示談を行うことはありませんが、軽度の事故の場合には面倒だからとその場で話をつけてしまう方もいます。後日に連絡をしてかかった治療費や、物が壊れている場合には修理のための費用の請求などをするといった具合です。

 

しかし、これは非常に危険です。当事者同士で決めてしまうと請求をしてもしっかりと支払われなかったり、最低限の金額しか受けられない可能性があります。また、あくまで口約束となるので話が異なる場合もあり、結果として被害者側が損をしてしまうケースも決して少なくはないのです。

 

交通事故の示談に関しては当事者同士では行わず、プロである弁護士に依頼をするのが確実な方法です。慰謝料を含む賠償額もしっかりと計算をして決めてくれるので、いくらの請求にすれば良いのか分からない方でも安心です。

 

交通事故の現場での話し合いや後日の当事者同士での取り決めは交通事故示談のトラブルでも多いケースとなりますので、スムーズで間違いのない示談を進めるためにも、交通事故の被害者はまずは弁護士への相談を進めるようにしてください。